ひきこもり・家庭内暴力のご相談ならNSPへ

依存症とは

「依存症」とは、特定の物質や行動への執着を、自分の力だけでは抑えられず、日常生活に支障をきたしている状態を言います。

依存対象への強い欲求から自制が効かなくなり、多額の借金や犯罪行為に手を染めてしまうこともあります。

本人は問題行動を自覚できていないケースも多々あり、周囲が迷惑を被ることになります。

依存の種類

物質依存(物に対する依存)
喫煙依存症(ニコチン依存症)
カフェイン中毒
ベンゾジアゼピン依存症
アドレナリン中毒
薬物依存症 - 麻薬・覚醒剤・大麻
摂食障害 - 過食症
砂糖依存症 - ジャンクフード
借金依存症
潔癖症
窃盗癖
放火癖
プロセス依存(行為・行動に対する依存)
ギャンブル依存症 - パチンコ依存症
買い物依存症
ネット中毒、パソコン依存症
インターネット依存症、携帯電話依存症、メール依存症
ゲーム依存症、オンラインゲーム依存症
テレビ中毒
強迫的ホーディング
関係依存(人に対する依存)
共依存
性依存症(セックス依存症、セックス中毒)
宗教依存症(カルト依存症)
暴力依存 - ドメスティックバイオレンス
完璧主義

実際の相談事例(ご相談者様の許可を頂いて掲載しております)

  • 東京都在住 60代 母からの相談

    息子がギャンブルから抜け出せません。

    40代の息子が会社を突然辞め、自宅に帰ってこなくなりました。
    会社のお金に手を付けてしまい、それが原因で辞めたとの事でした。
    以前からギャンブルの負けが込むと家族に暴力でお金を要求していたのですが、老後の蓄えも心配になり、断固拒否をした矢先にこんなことになってしまいました。
    今振り返って考えてみると、暴力が始まった頃にもっと深く聞いていてあげていれば、と後悔をしております。

    40代の息子が会社を突然辞め、自宅に帰ってこなくなりました。
    会社のお金に手を付けてしまい、それが原因で辞めたとの事でした。
    以前からギャンブルの負けが込むと家族に暴力でお金を要求していたのですが、老後の蓄えも心配になり、断固拒否をした矢先にこんなことになってしまいました。
    今振り返って考えてみると、暴力が始まった頃にもっと深く聞いていてあげていれば、と後悔をしております。

  • 北海道在住 58歳 父からの相談

    スマホに執着する娘から暴力を受けました。

    娘のスマホに対する執着がすごく、朝起きた瞬間から、寝る直前までスマホ。
    風呂、トイレ、どこに行くのもスマホ。大学4年生になった今ではスマホ中心の生活になっています。
    この前は家族で出かけた時に急に機嫌が悪くなり、理由を聞くと、スマホの充電が無くなったからとのこと。
    正直呆れてしまい、娘に「そんな事で機嫌悪くなるなよ!」「帰ってから充電すればいいだろ!」と言うと、背後から蹴られました。娘からの初めての暴力です。
    今の娘は普通の状態ではないと思ったので相談させて頂きました。
    こんな娘ですが大切な娘です。社会に出てから困らないようになってほしい。
    娘の依存を治すことは可能でしょうか?可能ならばプログラムに参加させて頂きたいと思っております。お願いいたします。

    娘のスマホに対する執着がすごく、朝起きた瞬間から、寝る直前までスマホ。
    風呂、トイレ、どこに行くのもスマホ。大学4年生になった今ではスマホ中心の生活になっています。
    この前は家族で出かけた時に急に機嫌が悪くなり、理由を聞くと、スマホの充電が無くなったからとのこと。
    正直呆れてしまい、娘に「そんな事で機嫌悪くなるなよ!」「帰ってから充電すればいいだろ!」と言うと、背後から蹴られました。娘からの初めての暴力です。
    今の娘は普通の状態ではないと思ったので相談させて頂きました。
    こんな娘ですが大切な娘です。社会に出てから困らないようになってほしい。
    娘の依存を治すことは可能でしょうか?可能ならばプログラムに参加させて頂きたいと思っております。お願いいたします。

当スクールの取り組み

当スクールは10年の実績を元に、依存の特性を理解し、「依存からの脱却」に取り組みます。
「解決する」ための一番の近道は、的確に動くことです。

「NSP自立研修スクール」では、お子様の性格・嗜好・考え方・特性などを深く掘り下げ、
年齢や性別も踏まえた上で、そのお子様にあった独自のプランをご提案させて頂き、問題の核となる部分の矯正・緩和を目指します。

まずはお電話でのご相談から始める事をお勧め致します。