ひきこもり・家庭内暴力のご相談ならNSPへ

アルコール依存症とは

「アルコール依存症」とは、お酒の量・飲むタイミング・状況を自分でコントロールできず、止められなくなる依存症状です。

アルコール依存症は、本人の意志の弱さによって起きるものではなく、医療機関や投薬で治療が必要な「病気」です。
全国調査では、アルコール依存症の疑いのある患者は800万人以上、治療が必要な人数は100万人近くいると言われています。

アルコール依存症の問題点

・飲酒が最優先になっている。
・飲酒が原因で、遅刻やトラブルを起こし職場に迷惑をかけている。
・暴言や暴力により、別居や離婚を考える事態に直面している。
・飲酒運転など、重大事故につながる恐れがある。
以上のような事態となっても、本人にはアルコール依存であるという自覚がないケースも多く、 家族や周囲の人に注意・説得をされても反発を感じ、聞こうとしません。

当事者の悩みの声

当スクールに実際にお寄せいただいた悩みの声をご紹介します。

ご家族の悩み

・普段はいい人なのに、お酒を飲むと人格が変わる。
・お酒を飲むと暴言・暴力がひどくなる。
・酔っていないと言い張り、飲酒運転をする。
・飲酒が原因で、遅刻など仕事に多大な影響を及ぼしている。
・周囲に迷惑をかけている自覚や反省がない。
・身体的な影響、手の震えなど健康面が心配。
・自分は健康だと言い張り、治すつもりがない。病院に行こうとしない。
・お酒を飲むためにお金の無心をする。断ると暴力に発展する。

ご本人の悩み

・家族に心配をかけているのは分かっているが、やめられない。
・やめようと考えているのにやめられない。
・飲むと不安が紛れるので、どうしても飲んでしまう。
・お酒をやめるくらいなら○○してやる!と怒鳴ってしまった。 本心では反省しているが、やめられずどうしていいか分からない。

実際の相談事例(ご相談者様の許可を頂いて掲載しております)

  • 東京都 60代 父親からの相談
    息子が酒に飲まれてしまっています。
    家業を継がせたのですが、朝から打ち合わせと称してお酒を飲み歩き、夜中になると酔って家族を叩き起こし絡んできます。
    先日気に入らないことがあったのか、暴力事件を起こし警察沙汰になってしまいました。
    このままでは一家心中するしかないと不安な日々を過ごしています。
    対応策
    まずは家族と離れることを優先に対応を行いました。
    ご家族の安全感を考慮し、ご実家から離れた当スクールの地方施設への入寮を進めました。 急な断酒は重い離脱症状を引き起こしてしまうため、繁華街のないのどかな環境でリラックスしながら、緩やかな減酒から始めました。

    またカウンセリングの中で、アルコール依存の影に隠れた精神疾患の症状が感じられたため、協力医療機関を受診しました。
    本人としても、不安から逃れるためにアルコールに逃げていた自覚と 病識を持ったことで、薬と向き合い安定した生活を送れるようになったとのことです。
    取り組みポイント
    依存が本人の意志の弱さから来ているものか、疾患によるものかを適切に見極めるのがポイントです。慢性的な飲酒をしていると、医師でも診断が難しいケースもあります。
    また、地方ののどかな生活環境の中で、無理のない減酒を行ったことも重要なポイントです。
  • 東京都 30代 女性からの相談
    結婚して二年目の夫婦ですが、 小さい子供もおり将来が心配です。
    普段はいい人なのに、お酒を飲むと暴言・暴力が始まり、人格を否定するような発言を繰り返します。 先日子供を連れて逃げようとしたら、お酒の瓶で叩かれ床に倒されました。
    対応策
    本来であれば、DV保護法に基づき対処を行いますが、ご家族の強い希望で事件化せずに対応を行いました。
    ご本人の勤務先には長期休暇を申請し、当スクールの地方施設で療養を開始しました。

    今まで健康面への関心が一切なかったご本人ですが、初期検診で「あと一歩で取り返しがつかなくなる状態」と判明し、 子供のためにも脱アルコールの強い自覚を持つようになりました。
    重い離脱症状から、「家族も子供もいらないから酒をくれ!」と暴れることも何度もありましたが、 スクールの職員やカウンセラー、他の研修生たちの支えで一緒に乗り越えることができました。
    取り組みポイント
    家族や子供のために、治療が必要であると自覚をもたせたことが第一歩ですが、 一番のポイントは、同じ悩みを共有し「脱アルコール依存」に向かって共に歩む仲間達の存在でした。

当スクールの取り組み

過程

プログラム

アルコール対策プログラムの流れ

1. 訪問・説得

当スクール相談員がご本人のお部屋へ直接伺い、来所を説得します。
アルコール依存の自覚がない方も多いですが、専門の説得班がご家族の気持ちを代弁し、 対話を重ねながら治療の必要性に気づかせ、必ず説得を成功させます。

2. 入寮と施設案内

個室または相室の寮に入って頂き、当スクールでの生活を始めます。 生活のルールや設備の案内を受け、今後の基本的な生活サイクルに慣れて頂きます。

3. 導入期

療養
アルコールで疲弊した心と身体を癒します。


レクリエーション
同じ悩みをもつ仲間と交流を深め、目標を共にします。


カウンセリング
病気への自覚、治療への前向きな意思をもたせます。

初期診断
協力医療機関へ同行し、初期診断を行います。

減酒開始
医師の指導のもと、減酒をスタートします。

4. 解毒期

通院
協力医療機関へ通院を開始します。
※ 病院紹介業務は行っておりません。

二次障害の診断
協力医療機関にて、飲酒から引き起こされる二次障害の有無を診断します。

5. リハビリテーション前期

酒害教育
二度とアルコール依存に陥らないよう、専門講師による酒害教育を行います。

ピアサポートカウンセリング
断酒の意志を継続して支えていくため、同じ症状で悩む仲間とともにカウンセリングを受けます。

メンタルカウンセリング
社会復帰のための就労支援
弊社直営のインターン先にて就労体験をしながら、社会復帰のためのリズムを取り戻します。
仕事のストレスからアルコールに逃げることがないよう、ストレスマネジメントを身につけるための重要な訓練です。

6. リハビリテーション後期

個人寮へ移動
個人寮で一人暮らしを開始し、金銭管理や自己管理の訓練を始めます。
欲に負けないよう自己との向き合い方を学び、依存を乗り越えるための重要な訓練です。

7. 卒業

家族の元へ
経過観察
アフターフォロー・訪問カウンセリング
一定期間を経て、依存から脱却し再発の心配がないと判断できれば真の卒業となります。

当スクールの強みは、長年の実績に裏付けられた解決への道筋を何通りも持っていることです。
「理解する」ことは解決への一番の近道です。
まずはお悩みをお聞かせ下さい。

「NSP自立研修スクール」では、お子様の性格・嗜好・考え方・特性などを深く掘り下げ、年齢や性別も踏まえた上で、そのお子様にあった独自のプランをご提案し、問題の核となる部分の矯正・緩和を目指します。

まずはお電話でのご相談から始める事をお勧め致します。