ひきこもり・家庭内暴力のご相談ならNSPへ

実際のご相談事例

NSP自立研修スクールに寄せられたご相談の声と、実際の対応事例をご紹介します。
(ご相談者様の許可をいただき掲載しています)

引きこもり

  • 宮城県 40代 母親 引きこもり 息子の相談
    20歳の息子の相談です。高校を1年生の2学期に退学し、通信制高校に編入。 レベルの高い大学を希望しましたが、とても偏差値が足りないと予備校の先生にも指摘され、以来半年自宅に引きこもっています。
    親が何を言ってもまるで反応がなく、いつまでこの状態が続くのかと心配でなりません。
  • 東京都 50代 父親 引きこもり・ニート 息子の相談
    息子は小学校受験をして、高校も都内の進学校、部活動も休まない優等生でした。しかし大学受験で失敗、予備校も半年でやめてしまいます。週4,5で真面目に通っていたアルバイトも1年で急に辞め、そこから自宅に引きこもっています。外出も週に2.3回の買い物程度、友人とも一切連絡を取りません。
    最近は幻聴・幻覚があるようで、家族に向かって「何で悪口を言うの?」「お前らは頭がおかしい」などと言ってきます。病院に行こうと言っても「お前らが行け」と言い返してくる始末です。我が息子ながら恐怖を感じております。どうしたらいいのでしょうか。
  • 埼玉県 50代 母親 引きこもり 娘の相談
    現在18歳の娘ですが、高校で不登校になり、2年生の夏に出席不足で中退しました。理由は聞いても教えてくれず、言い争いになり暴力を振るいます。転校や通信制高校を勧めても、「今は何も考えたくない」の一点張りで、話が進まないまま年月が経ってしまいました。
    現在はお菓子を買いに月数回外出する程度、あとはテレビを見たり、ネットやスマホで一日が過ぎている状態です。このままでは私も精神的に参ってしまいそうです。
  • 70代 母親 引きこもり 50代息子の相談
    現在52歳の息子の相談です。大学院生のころ突如引きこもりとなり、鬱病と診断されました。その後20年以上定職に就かず、親の金で好きなものを買い、趣味の活動以外ではほぼ外に出ない生活を続けています。
    2年前に父親が体調を崩し入退院を繰り返すようになると、「俺が家のお金を管理する」などと言い出し、通帳や自宅の権利書を出すように迫ってきました。傍若無人な言動が日に日に増し、私の力ではどうにもしようがありません。助けて下さい。

家庭内暴力

  • 50代 母親 引きこもり・家庭内暴力初期 息子の相談
    三人兄弟の末っ子が、高校2年生(17歳)で中退して以来引きこもっています。上の子供2人では経験しなかったことで、親としてもどうしていいか解りません。色々と試してはみたものの、都合の悪い話になると無視をするか大声で怒鳴るので、何もできないまま4年が経ってしまいました。
    夫婦共に精神的に限界で、「自立のためのお金をあげるので家から出ていってほしい」と伝えたところ、突如暴れだし家具・電化製品などを壊し始めました。以来私たちも口出しできず、兄弟達も関わりたがりません。今後どうしていけばよいのでしょうか。
  • 60代 父親 引きこもり・家庭内暴力 息子の相談
    長男36歳、自宅に引きこもり11年程になります。短期アルバイトは何度かしましたが、全て2ヵ月も経たず辞めており、ここ数年は求職もしていない状態です。
    私への暴力もひどく、寝ている間に熱湯をかけたり首を絞めてきたりと年々悪化しています。独り言も増えまともに会話もできなくなり、恐怖を感じます。金銭の要求も際限がなく、今後の生活も不安です。どうしたらよいのでしょうか。
  • 静岡県 50代 母親 ニート・家庭内暴力 娘の相談
    長女27歳に困っております。大学中退して実家に戻り、何度か契約社員の事務職・カフェ店員などしていました。しかしここ1年以上全く働かず、習い事(茶道・ヨガ教室・料理教室)の他、月に2回の美容室・ネイルなど、家のお金を毎月15万円以上浪費しています。親が何か言おうものなら暴れだす、自殺をほのめかす等して収拾がつきません。
    累計額は一千万円以上にのぼり、この状況がいつまで続くのか経済的にも不安な日々を過ごしております。私たちでは手に負えません。どうしたら娘に解ってもらえるでしょうか。
  • 長崎県 70代 母親 ニート・家庭内暴力初期 40代息子の相談
    息子が5年間勤めていた会社を退職して3ヵ月前に実家に戻り、私と息子、認知症の祖父の3人暮らしとなりました。息子には再三にわたり自立を促していますがその気がなく、自宅で堕落した生活を続けています。
    耐えられず「仕事を探しなさい」ときつく言うと、すごい剣幕で「うるさい」等と怒鳴られ、以来息子が怖くて何も言えなくなってしまいました。 息子の態度もより横柄になり、一緒に生活していくのが苦痛でしかありません。どうにかなりませんでしょうか。

ニート

  • 東京都 70代 女性からの相談
    30代の末っ子ですが、仕事が長続きしません。
    過去に働きなさいと強く言ってしまったことがあるので、ここ数年は極力口出しを控えています。
    兄二人はしっかりとしているのに、なぜ末っ子だけが…このままでは心配です。
    対応策
    スクールへ入寮後、カウンセリングを重ねる中で、「過去に母親やバイト先に厳しい叱責を受けたことで、何をしても意味がないと思うようになってしまった」ことが分かりました。
    また会話時に注意力の低さが目立ったため、提携医療機関を受診し、ADHDの疑いが判明しました。
    本人の適性・関心から判断し、弊社提携企業への就職を勧めました。
    3年経った今では、店舗主任を任されるまでになりました。
    取り組みポイント
    家族間で発生してしまった溝は、埋めるのに同じ年月がかかると言われています。
    「なぜ?」を聞き出すこと、本人の意思の問題なのか、障害によるものかを適切に見極めることがポイントです。
  • 東京都 50代 男性からの相談
    40代になる弟についての相談です。
    未だに定職にも就かず、母の年金、父の遺産を食いつぶして毎日ふらふらしています。
    以前親戚を含め説教をしたのですが、今月末に決まるからと言い続け、仕事を探す様子もありません。
    この先兄弟で支えていくのも難しく、不安でたまりません。
    対応策
    働かなくても生活ができてしまっている現状が問題ですので、母親との同居を終わらせることからスタートしました。
    スクールへ入寮後、年下の生徒たちが生き生きと活動する姿を目の当たりにしたことで、このままではいけないという自覚が芽生え始めました。
    就活カリキュラムを順調にこなし、仲間と共に過ごし、希望していた職種への内定を決めました。
    取り組みポイント
    本件の原因は「母親への依存」です。
    関係依存からの脱却は、距離感が近しいほど困難です。
    改善へのポイントは、本人の自覚を芽生えさせるための「環境の提供」と「仲間のサポート」です。

発達障害


精神障害

  • 東京都 50代 両親からの相談
    20代の長男になるのですが、ここ数年、自宅内で暴れるため困っています。
    「オレはキチガイなんかじゃない!」「お前らが仕組んで騙しやがって!」とおかしな言動を繰り返すようになりました。
    不登校になり始めた頃に、強引に病院に連れて行ったことがきっかけの様です。
    それ以降、一切病院にも行かずに、拒否を続けています。どうすればいいのでしょうか?
    対応策
    まずは、弊社カウンセラーが自宅に伺ってご本人と面談を行い、当スクールへの入所および通院への理解・了承を得ました。
    提携医療機関を受診して統合失調症の診断を受け、規則正しい生活と通院を繰り返し行いました。
    現在では減薬の許可も得られ、一人暮らしができるまでになりました。
    息子の心境
    いま振り返ってみると、当時は全ての物事が怖くてしょうがなかったのですが、今は落ち着いて自分を見られています。
    母親の心境
    「暴れた際の恐怖」と「何も出来ない私自身への反省」の繰り返しの日々でした。
    入寮して数か月でこんなにも変わると思ってもいなかったので、正直驚いています。
    取り組みポイント
    現在、統合失調症は薬物治療以外に有効な治療方法がないのは事実です。
    しかし、本人に病院と寄り添っていく自覚を持たせぬまま進めてしまうと、「薬漬けにされた」という妄想が拡大します。
    最大のポイントは、「NSP自立研修スクール」の同じ境遇の仲間の存在だと思います。
  • 神奈川県 40代 母親からの相談
    10代の娘が携帯から離れられず、学校も休みがちになっています。
    「携帯ばっかりいじってないで!」と叱責し、携帯を壊してしまったこともあります。
    最近では、「死にたい」と言い出し始めたので、悩んでいます・・・
    対応策
    カウンセラーとの面談で鬱病の兆候がみられました。
    規則正しい生活と適度な運動、好きな科目を中心としたカリキュラムを実施した結果、将来の目標を持つことができるまでに回復しました。
    娘の心境
    当時はとにかく掲示板やSNSで悩みを分かってくれる他人に頼っていました。
    しかし新しい携帯を手に入れてから、私への誹謗中傷で炎上してしまい、「もういいや」という気持ちになっていました。
    ただただ、母親に聞いて欲しかっただけだったのですが、「鬱陶しい」という感情が勝っていました・・・
    今では、同じ境遇の仲間と出会えた「NSP自立研修スクール」に感謝しています。
    取り組みポイント
    鬱病の方にとって、話を聞き理解してくれる人の存在は重要です。
    しかし、話を「聞く」のと「聴く」のは異なります。そのための「環境」を整える事が非常に重要です。
    最大のポイントは、「NSP自立研修スクール」に入寮している同じ境遇の仲間の存在だと思います。

不登校

  • 東京都在住 40代 両親からの相談
    受験を控えた次男についての相談です。
    幼少期からあまり手にかからない子だったのですが、つい先日学校に行っていないことが発覚しました。
    担任の先生と話し合いをしても黙り込んでしまい、先生からは「暫く様子をみましょう」と言われてしまいました。 進路を含め、この先が心配でたまりません。
    対応策
    「NSP自立研修スクール」にてカウンセリングを行い、カウンセラーと信頼を築いたのちに本心を聞きました。
    実は「親の財布からお金を持ち出しては友達に渡していた」そうで、もう学校に行きたくない、親にも合わす顔がないということでした。
    一旦休学をし、「NSP自立研修スクール」にて特別カリキュラムを組み対応しました。
    取り組みポイント
    お子様が両親に真実を話せなかったのは、親への恨み・つらみの感情ではなく「嫌われたくない」という心であったことが本件のポイントです。
    しかし、なぜ相談すらできなかったのでしょうか?
    それは、幼少の頃に「お兄さんが嘘をついてしまったときの両親が怖かった」という記憶が、その一歩に抑止をかけてしまっていたからでした。
  • 東京都在住 60代 祖母からの相談
    孫の相談です。 中学1年の夏頃から不登校になり、もう2年目となりました。
    父親も母親もお姉ちゃんも見て見ぬふりで、みんなバラバラの状況です。 つい先日、自宅で大暴れした際も、警察を呼ぶだけ呼んで、家族はみな無関心でした。
    このまま家族がバラバラになってしまうのは本当にこわいです。
    家族の無関心の是非は別とし、まずは家族と離れて生活することが必要と判断しました。
    「NSP自立研修スクール」の仲間と触れ合う中で、閉ざされた心を開き「なぜ不登校に至ったか」を聞き出すことができました。
    不登校になるちょっと前に、悪い事をしてしまった。 その時は父親にボコボコにされたが、今では自分が悪かったと反省はしている。 しかし、「不登校になった時もちゃんと叱ってほしかったのに、無関心だったことで捨てられたと感じた」と、涙を流して心境を吐露してくれました。
    取り組みポイント
    カウンセリングプログラムを通じ、「反省」と「なぜ?」に向き合い、本人は答えに辿り着くことができました。
    そう、本人は悪い事は理解しているのに、謝罪の勇気が出なかったのです。
    同じく両親も、自分が怒ったせいで子供が不登校になったと思い、更に接するのが怖くなってしまっ たのです。
    改善へのポイントは、本人の自覚を芽生えさせるための「環境の提供」と「仲間のサポート」です。

依存症

  • 東京都 60代 母からの相談
    息子がギャンブルから抜け出せません。
    40代の息子が会社を突然辞め、自宅に帰ってこなくなりました。会社のお金に手を付けてしまったことが原因でした。
    以前からギャンブルの負けが込むと家族に暴力でお金を要求していたのですが、老後の蓄えも心配になり、断固拒否をした矢先にこんなことになってしまいました。
    暴力が始まった頃にもっと深く話を聞いてあげていれば、と後悔しております。
  • 北海道 58歳 父からの相談
    スマホに執着する娘から暴力を受けました。
    娘のスマホに対する執着がすごく、朝起きた瞬間から、寝る直前までスマホ。風呂、トイレ、どこに行くのもスマホ。大学4年生になった今ではスマホ中心の生活になっています。
    この前は家族で外出中に急に機嫌が悪くなり、理由を聞くと、スマホの充電が無くなったからとのこと。正直呆れてしまい、「そんな事で機嫌悪くなるなよ!」「帰ってから充電すればいいだろ!」と言うと、背後から蹴られました。娘からの初めての暴力です。
    今の娘は普通の状態ではないと思ったので相談させて頂きました。こんな娘ですが大切な娘です。社会に出てから困らないようになってほしい。
    娘の依存を治すことは可能でしょうか?可能ならばプログラムに参加させて頂きたいと思っております。お願いいたします。

アルコール依存症

  • 東京都 60代 父親からの相談
    息子が酒に飲まれてしまっています。
    家業を継がせたのですが、朝から打ち合わせと称してお酒を飲み歩き、夜中になると酔って家族を叩き起こし絡んできます。
    先日気に入らないことがあったのか、暴力事件を起こし警察沙汰になってしまいました。
    このままでは一家心中するしかないと不安な日々を過ごしています。
    対応策
    まずは家族と離れることを優先に対応を行いました。
    ご家族の安全感を考慮し、ご実家から離れた当スクールの地方施設への入寮を進めました。 急な断酒は重い離脱症状を引き起こしてしまうため、繁華街のないのどかな環境でリラックスしながら、緩やかな減酒から始めました。

    またカウンセリングの中で、アルコール依存の影に隠れた精神疾患の症状が感じられたため、協力医療機関を受診しました。
    本人としても、不安から逃れるためにアルコールに逃げていた自覚と 病識を持ったことで、薬と向き合い安定した生活を送れるようになったとのことです。
    取り組みポイント
    依存が本人の意志の弱さから来ているものか、疾患によるものかを適切に見極めるのがポイントです。慢性的な飲酒をしていると、医師でも診断が難しいケースもあります。
    また、地方ののどかな生活環境の中で、無理のない減酒を行ったことも重要なポイントです。
  • 東京都 30代 女性からの相談
    結婚して二年目の夫婦ですが、 小さい子供もおり将来が心配です。
    普段はいい人なのに、お酒を飲むと暴言・暴力が始まり、人格を否定するような発言を繰り返します。 先日子供を連れて逃げようとしたら、お酒の瓶で叩かれ床に倒されました。
    対応策
    本来であれば、DV保護法に基づき対処を行いますが、ご家族の強い希望で事件化せずに対応を行いました。
    ご本人の勤務先には長期休暇を申請し、当スクールの地方施設で療養を開始しました。

    今まで健康面への関心が一切なかったご本人ですが、初期検診で「あと一歩で取り返しがつかなくなる状態」と判明し、 子供のためにも脱アルコールの強い自覚を持つようになりました。
    重い離脱症状から、「家族も子供もいらないから酒をくれ!」と暴れることも何度もありましたが、 スクールの職員やカウンセラー、他の研修生たちの支えで一緒に乗り越えることができました。
    取り組みポイント
    家族や子供のために、治療が必要であると自覚をもたせたことが第一歩ですが、 一番のポイントは、同じ悩みを共有し「脱アルコール依存」に向かって共に歩む仲間達の存在でした。

お金の無心

  • 埼玉県 50代 母親からの相談
    大学を勝手に中退してしまった息子の相談です。
    友人の車に傷を付けてしまったとかで、70万円をだせ!と暴力を受けました。
    その後も継続的に「慰謝料が必要だ!」「足代だ!」と毎月何十万円と渡し続けてしまっています。
    お金を出すのを断ったらどうなってしまうのかが不安です。
    対応策
    恐怖のために母親の精神状態が安定しないため、早急に息子さんの説得を行い「NSP自立研修スクール」への入寮を進めました。
    数名のカウンセラーが対応していくうちに、実際の修理費は10万円程度で、あとは友人との遊興費に使っていたと正直に話してくれました。
    なぜ暴力という手段を使ったのか?なぜ暴力はいけないのか?と自ら考えさせるようカリキュラムを組みました。
    就職支援を経て、現在は自分で稼いだ給与から毎月返済を続けています。
    取り組みポイント
    血のつながった両親とはいえ、暴力での金銭の無心は「強奪」と変わりません。
    自ら何がいけなかったのかを反省させ、自分で稼いだお金で返す意思を持てたこと、それを表す書面を交わしたことがポイントです。
    早急な説得・入寮ができたことも幸いでした。「待てば良くなるのでは・・・」という不確定な期待は問題を肥大化させるだけです。
  • 静岡県 40代 両親からの相談
    20代息子の相談です。
    卒業してからずっと定職にも就かず、毎日夜中までパソコンで何かしています。
    先日も突然奇声をあげたと思ったら、飲みに行くからと言ってお金を要求されました。
    不安定になるのは週に一度程度ですし、警察へご厄介になることも少ないのですが、
    私たちがいなくなってしまった後の生活が心配です。
    対応策
    まずはご両親と息子様のカウンセリングを行いました。
    ご家庭の状況を伺っていくと、壁を蹴るなどの暴力や、1万円程度のお金の無心が日常化し、双方とも感覚が麻痺している印象でした。
    また提携医療病院を受診し、脳機能に障害があることも分かりました。
    「NSP自立研修スクール」にて、生活サイクルの改善や体力づくりと共に、カウンセリングを繰り返し行いました。
    現在は金銭管理や、自炊・洗濯・掃除も自分でできるようになり、親への依存を卒業することができました。
    息子の心境
    正直、言いたいことをどのように言えばいいのか分かりませんでした。
    今では、毎日洗濯や掃除をしていた母はすごいんだなと尊敬をしています。
    今できることを焦らず、一歩一歩やることが恩返しだと思うので、今後もスクールの仲間たちと頑張っていきます。
    父親の心境
    「子育てを失敗したことへの罪滅ぼしだから仕方ない」と諦めて流されていました。
    相談員さんが「失敗ではないですよ」と優しく言ってくれたのが前向きになれたきっかけです。
    「一人暮らしを始めたら部屋に招待するよ」という息子の言葉を嬉しく思います。
    母親の心境
    ひとりで抱え込んでいたときは何も考えられなかったです。 正直、警察に逮捕されて欲しいとさえも思ってしまっていました。
    今では、なんでも話せる家族になれて良かったと思っています。
    取り組みポイント
    カウンセリングを元に、双方の麻痺状態からの脱却
    生活の乱れを改善し、「朝起きて」「運動をして」「夜ゆっくり寝る」というサイクルを取り戻すのは、簡単なようで継続が大変です。
    「NSP自立研修スクール」では、3名から7名のサポートスタッフが随時対応し、家庭では対処できなかった問題を解決します。

非行・素行不良

  • 神奈川県在住 40代 父親からの相談
    高校1年生の息子の相談です。
    息子が夜中に繁華街をふらふらしていたところを補導されました。 お恥ずかしい話ですが、今までも数十回と妻が迎えに行っていたことも分かりました。
    どうにか息子を更生させることはできないでしょうか?
    対応策
    非行に走るお子様は「意思が弱く周りに流されやすいタイプ」が多いため、生活環境を変え、交遊関係を断ち切ることが有効です。
    幾度ものカウンセリング・教育カリキュラムを重ね、「自らの”意志”を持つことが重要」と伝えました。
    息子の心境
    最初は、「NSP自立研修スクール」に行ったら、友達を裏切ることになり、恨まれてしまうんじゃないかと恐怖を感じていました。
    しかし、「悪い事を正してあげるのも友達の役割、それが仲間だよ」と「NSP自立研修スクール」の職員さんに言われて、ハッとしました。
    父親の心境
    仕事を盾に、家庭内の問題を妻に任せっきりにしていた事を悔やんでいます。
    「NSP自立研修スクール」を経て、まるっきり変わった息子に驚いています。 その姿に、私自身も変わらなければと奮起し、現在は頼られる父親・夫になれるように努力をしています。
    母親の心境
    ひとりで抱え込んでいたときは何も考えられなかったです。 正直、警察に逮捕されて欲しいとさえも思ってしまっていました。
    今では、なんでも話せる家族になれて良かったと思っています。
    取り組みポイント
    本人に自覚を持たせることが本件のポイントでした。
    最大のきっかけは、「NSP自立研修スクール」に入寮している同じ境遇の仲間の存在だといえます。