ひきこもり・家庭内暴力のご相談ならNSPへ

非行・素行不良とは

非行とは、素行不良とは、平素の行いが悪いこと、普段から悪い行いをしていること。
一般的に、違法・反社会的とみなされる行為を指します。

非行に走りやすい人とは

このページをご覧の皆様は、「うちの子は大丈夫かしら・・・?」「まさかそこまでは・・・」と思いながらも、不安感がよぎっているのではと思います。
非行・素行不良の経験がある当スクール生の統計分析を行った結果、非行に走る可能性が高いのは以下のタイプと言えます。

・自己中心的なタイプ
・意志が弱く周りに流されやすいタイプ
・感情的で短気なタイプ
・深く考えて発言しないタイプ

実際に弊社が対応した事例をご紹介しますので、ご参考にしてください。

実際の相談事例(ご相談者様の許可を頂いて掲載しております)

  • 神奈川県在住 40代 父親からの相談

    高校1年生の息子の相談です。
    息子が夜中に繁華街をふらふらしていたところを補導されました。
    お恥ずかしい話ですが、今までも数十回と妻が迎えに行っていたことも分かりました。
    どうにか息子を更生させることはできないでしょうか?

    高校1年生の息子の相談です。
    息子が夜中に繁華街をふらふらしていたところを補導されました。
    お恥ずかしい話ですが、今までも数十回と妻が迎えに行っていたことも分かりました。
    どうにか息子を更生させることはできないでしょうか?

    対応策

    非行に走るお子様は「意思が弱く周りに流されやすいタイプ」が多いため、生活環境を変え、交遊関係を断ち切ることが有効です。
    幾度ものカウンセリング・教育カリキュラムを重ね、「自らの”意志”を持つことが重要」と伝えました。

    息子の心境

    最初は、「NSP自立研修スクール」に行ったら、友達を裏切ることになり、恨まれてしまうんじゃないかと恐怖を感じていました。
    しかし、「悪い事を正してあげるのも友達の役割、それが仲間だよ」と「NSP自立研修スクール」の職員さんに言われて、ハッとしました。

    父親の心境

    仕事を盾に、家庭内の問題を妻に任せっきりにしていた事を悔やんでいます。
    「NSP自立研修スクール」を経て、まるっきり変わった息子に驚いています。
    その姿に、私自身も変わらなければと奮起し、現在は頼られる父親・夫になれるように努力をしています。

    母親の心境

    ひとりで抱え込んでいたときは何も考えられなかったです。
    正直、警察に逮捕されて欲しいとさえも思ってしまっていました。
    今では、なんでも話せる家族になれて良かったと思っています。

    取り組みポイント

    息子さん本人に自覚を持たせることが本件のポイントでした。
    最大のきっかけは、「NSP自立研修スクール」に入寮している同じ境遇の仲間の存在だと思います。

当スクールの取り組み

当スクールでは「非行・素行不良」に至ってしまった子供たちの「心を理解」することで、『悩み』を取り除き、子供たちが暮らしやすくなるヒントを知ることができます。

「理解する」ことは、解決への一番の近道です。
まずはお悩みを聞かせてください。

「NSP自立研修スクール」では、お子様の性格・嗜好・考え方・特性などを深く掘り下げ、年齢や性別も踏まえた上で、そのお子様にあった独自のプランをご提案し、問題の核となる部分の矯正・緩和を目指します。

まずはお電話でのご相談から始める事をお勧め致します。