ひきこもり・家庭内暴力のご相談ならNSPへ

家庭内暴力(DV)とは

家庭内暴力とは、通常「20歳未満の子が家族に対して行う暴力行為(暴言、家具や家財の破壊を含む)」を指しますが、現代社会では年齢問わず、家庭内で起こる子供から親・家族への暴力行為の総称となっています。
親→子供への暴力

問題点

家庭内暴力は、暴力の対象が家族のみに限定されるのが特徴で、家の外では良い子であるケースがほとんどです。そして、本人も暴力を悪い事だと理解しています。
にもかかわらず暴力が繰り返されるのは、抑えきれない怒りや葛藤、ストレスの発散方法を他に知らないからです。彼らは感情をうまくコントロールできず、自己嫌悪に陥り一人苦しんでいるのです。
長期間に及ぶと、罪悪感や自己嫌悪が薄れて習慣化していくと共に、「こんな自分にしたのは両親だ」という考えが強化され暴力は悪化していきます。自責と他責の狭間で感情が不安定に揺れ動き、本人は更に苦しむことになります。

3つのパターン

家庭内暴力には大きく分けて3つのパターンがあります。

パターン1

10歳~18歳までの時期に起きる「成長期の家庭内暴力」です。一回きりの衝動的なものであるのが特徴で、 お子様も深い罪悪感に苛まれ、2度としないというパターンが多くみられます。
ただし、二度目が発生すれば危険性は跳ね上がります。 継続させないためには、毅然とした態度で暴力的行為を否定します。絶対に容認するような言動はしてはいけません。

パターン2

19歳~30歳から始まる「失敗体験のストレス」による暴力行為です。言葉による暴力が中心で、エスカレートすると支配欲が生まれ、親を服従させようと攻撃してきます。服従すれば暴力は振るわない、反論すると暴力を振うという行動がこの年代の特徴となります。

パターン3

31歳以降に始まる暴力行為です。家庭内暴力に何らかの「心の病気」が関係する可能性は年代にかかわらず言えることですが、30代で突如始まる場合は特に重い病状が考えられます。
対処方法はどの年代であっても「暴力的行為を容認しない」ことです。本人が落ち着いている時にしっかりと話をして、本人の言い分も聞いてあげましょう。社会通念上の常識と照らし合わせ、毅然とした態度で接することが肝要です。
当スクールでは、全てのパターンに関するご相談を日々承っておりますが、 「家庭内暴力」という問題の解決には大きなエネルギーが必要です。 ご家族で解決できるケースは、ご家族が心身ともに健康である場合に限られます。
日々移り変わる子供の情緒に深く悩まされ、ご家族の健康問題に支障をきたした状態では、家族全体が立ち行かなくなってしまいます。 その前にご相談下さい。

家庭内暴力の解決方法

第三者の介入による客観的な判断が必要です。
親御様の多くは、お子様の機嫌や世間体を気にして、暴力を受けたことを隠そうとします。
お子様たちの多くは「こんなふうになったのはお前(家族)のせいだ」と責任転嫁をし暴力行為を続けます。
中には暴力が激化しても様子見を続け、暴力の日常化が始まり、双方ともに麻痺状態となってしまうご家庭もあります。
気が付いたときには「命の危機にまで発展」していた、という事例も決して珍しくありません。
第三者が介入し、当人どうしを引き離すことで、お互いが冷静に現状を見つめ直すことができるのです。
まずはご相談下さい。根本的な解決を目指しましょう。

ご相談事例

  • 50代 母親 引きこもり・家庭内暴力初期 息子の相談

    三人兄弟の末っ子が、高校2年生(17歳)で中退して以来引きこもっています。上の子供2人では経験しなかった事で、親としてもどうしていいか解りません。色々と試してはみたものの、都合の悪い話になると無視をするか大声で怒鳴るので、何もできないまま4年が経ってしまいました。夫婦共に精神的に限界で、「自立のためのお金をあげるので家から出ていってほしい」と伝えたところ、突如暴れだし家具・電化製品などを壊し始めました。以来私たちも口出しできず、兄弟達も関わりたがりません。今後どうしていけばよいのでしょうか。

    三人兄弟の末っ子が、高校2年生(17歳)で中退して以来引きこもっています。上の子供2人では経験しなかった事で、親としてもどうしていいか解りません。色々と試してはみたものの、都合の悪い話になると無視をするか大声で怒鳴るので、何もできないまま4年が経ってしまいました。夫婦共に精神的に限界で、「自立のためのお金をあげるので家から出ていってほしい」と伝えたところ、突如暴れだし家具・電化製品などを壊し始めました。以来私たちも口出しできず、兄弟達も関わりたがりません。今後どうしていけばよいのでしょうか。

  • 60代 父親 引きこもり・家庭内暴力 息子の相談

    長男36歳、自宅に引きこもり11年程になります。短期アルバイトは何度かしましたが、全て2ヵ月も経たず辞めており、ここ数年は求職もしていない状態です。
    私への暴力もひどく、寝ている間に熱湯をかけたり首を絞めてきたりと年々悪化しています。独り言も増えまともに会話もできなくなり、恐怖を感じます。金銭の要求も際限がなく、今後の生活も不安です。どうしたらよいのでしょうか。

    長男36歳、自宅に引きこもり11年程になります。短期アルバイトは何度かしましたが、全て2ヵ月も経たず辞めており、ここ数年は求職もしていない状態です。
    私への暴力もひどく、寝ている間に熱湯をかけたり首を絞めてきたりと年々悪化しています。独り言も増えまともに会話もできなくなり、恐怖を感じます。金銭の要求も際限がなく、今後の生活も不安です。どうしたらよいのでしょうか。

  • 静岡県 50代 母親 ニート・家庭内暴力 娘の相談

    長女27歳に困っております。大学中退して実家に戻り、何度か契約社員の事務職・カフェ店員などしていました。しかしここ1年以上全く働かず、習い事(茶道・ヨガ教室・料理教室)の他、月に2回の美容室・ネイルなど、家のお金を毎月15万円以上浪費しています。親が何か言おうものなら暴れだす、自殺をほのめかす等して収拾がつきません。
    累計額は一千万円以上にのぼり、この状況がいつまで続くのか経済的にも不安な日々を過ごしております。私たちでは手に負えません。どうしたら娘に解ってもらえるでしょうか。

    長女27歳に困っております。大学中退して実家に戻り、何度か契約社員の事務職・カフェ店員などしていました。しかしここ1年以上全く働かず、習い事(茶道・ヨガ教室・料理教室)の他、月に2回の美容室・ネイルなど、家のお金を毎月15万円以上浪費しています。親が何か言おうものなら暴れだす、自殺をほのめかす等して収拾がつきません。
    累計額は一千万円以上にのぼり、この状況がいつまで続くのか経済的にも不安な日々を過ごしております。私たちでは手に負えません。どうしたら娘に解ってもらえるでしょうか。

  • 長崎県 70代 母親 ニート・家庭内暴力初期 40代息子の相談

    息子が5年間勤めていた会社を退職して3ヵ月前に実家に戻り、私と息子、認知症の祖父の3人暮らしとなりました。息子には再三にわたり自立を促していますがその気がなく、自宅で堕落した生活を続けています。耐えられず「仕事を探しなさい」ときつく言うと、すごい剣幕で「うるさい」等と怒鳴られ、以来息子が怖くて何も言えなくなってしまいました。息子の態度もより横柄になり、一緒に生活していくのが苦痛でしかありません。どうにかなりませんでしょうか。

    息子が5年間勤めていた会社を退職して3ヵ月前に実家に戻り、私と息子、認知症の祖父の3人暮らしとなりました。息子には再三にわたり自立を促していますがその気がなく、自宅で堕落した生活を続けています。耐えられず「仕事を探しなさい」ときつく言うと、すごい剣幕で「うるさい」等と怒鳴られ、以来息子が怖くて何も言えなくなってしまいました。息子の態度もより横柄になり、一緒に生活していくのが苦痛でしかありません。どうにかなりませんでしょうか。