ひきこもり・家庭内暴力のご相談ならNSPへ

不登校とは

NSP自立支援スクールでは、不登校・登校拒否の子供たち、そして親御様やご家族に対し、ご相談の受付や復学・自立支援を行っています。

全国の親御様から、毎日のように
「どうしたらいいか分からない」
「無理してでも行かせた方がいいでしょうか?」
「なにも話してくれない」といった声が寄せられます。

不登校の子供たちは、いじめ・学校・家庭環境・大人たち、と様々な理由で悩んでいます。
親御様も同じように「何が原因なんだろう?」と日々悩んでおられることでしょう。
しかし、そこには正解はありません。

なぜか?
「なにも話してくれない」から・・・

いいえ、
不登校・引きこもりが始まる前に、子供たちが送っていたはずの「助けて」のサインを、大人たちが見逃してしまったからです。

時間は過去には戻せません、しかし未来は動かせます。
悩みや相談を話せる環境を整え、私たち大人が、子供と同じ目線に立ってみることがスタートです。

実際の相談事例(ご相談者様の許可を頂いて掲載しております)

  • 東京都在住 40代 両親からの相談

    受験を控えた次男についての相談です。
    幼少期からあまり手にかからない子だったのですが、つい先日学校に行っていないことが発覚しました。
    担任の先生と話し合いをしても黙り込んでしまい、先生からは「暫く様子をみましょう」と言われてしまいました。
    進路を含め、この先が心配でたまりません。

    受験を控えた次男についての相談です。
    幼少期からあまり手にかからない子だったのですが、つい先日学校に行っていないことが発覚しました。
    担任の先生と話し合いをしても黙り込んでしまい、先生からは「暫く様子をみましょう」と言われてしまいました。
    進路を含め、この先が心配でたまりません。

    対応策

    「NSP自立研修スクール」にてカウンセリングを行い、カウンセラーと信頼を築いたのちに本心を聞きました。実は「親の財布からお金を持ち出しては友達に渡していた」そうで、もう学校に行きたくない、親にも合わす顔がないということでした。
    一旦休学をし、「NSP自立研修スクール」にて特別カリキュラムを組み対応しました。

    取り組みポイント

    本件のポイントとして、両親に真実を話せなかったのは、恨み・つらみという感情ではなく「嫌われたくない」という心であったことです。
    しかし、なぜ相談すらできなかったのでしょうか?
    それは、幼少の頃に「お兄さんが嘘をついてしまったときの両親が怖かった」という記憶が、その一歩に抑止をかけてしまっていたからでした。

  • 東京都在住 60代 祖母からの相談

    孫の相談です。
    中学1年の夏頃から不登校になり、もう2年目となりました。
    父親も母親もお姉ちゃんも見て見ぬふりで、みんなバラバラの状況です。
    つい先日、自宅で大暴れした際も、警察を呼ぶだけ呼んで、家族はみな無関心でした。
    このまま家族がバラバラになってしまうのは本当にこわいです。

    孫の相談です。
    中学1年の夏頃から不登校になり、もう2年目となりました。
    父親も母親もお姉ちゃんも見て見ぬふりで、みんなバラバラの状況です。
    つい先日、自宅で大暴れした際も、警察を呼ぶだけ呼んで、家族はみな無関心でした。
    このまま家族がバラバラになってしまうのは本当にこわいです。

    対応策

    家族の無関心の是非は別とし、まずは家族と離れて生活することが必要と判断しました。
    「NSP自立研修スクール」の仲間と触れ合う中で、閉ざされた心を開き「なぜ不登校に至ったか」を聞き出すことができました。
    不登校になるちょっと前に、悪い事をしてしまった。
    その時は父親にボコボコにされたが、今では自分が悪かったと反省はしている。
    しかし、「不登校になった時もちゃんと叱ってほしかったのに、無関心だったことで捨てられたと感じた」と、涙を流して心境を吐露してくれました。

    取り組みポイント

    カウンセリングプログラムを通じ、「反省」と「なぜ?」に向き合い、本人は答えに辿り着くことができました。
    そう、本人は悪い事は理解しているのに、謝罪の勇気が出なかったのです。
    同じく両親も、自分が怒ったせいで子供が不登校になったと思い、更に接するのが怖くなってしまったのです。
    改善へのポイントは、本人の自覚を芽生えさせるための「環境の提供」と「仲間のサポート」なのです。

当スクールの取り組み

文部科学省の「不登校に関する実態調査」において、中学3年生の時点で不登校の生徒を対象に5年後の追跡調査を行った結果、
「非就学・非就業」の割合が18%近くとなり、およそ5人に1人が社会進出できていないというデータがあります。

あくまで統計データのひとつではありますが、お子様の未来のために「理解」し共に歩むことが大切であると考えます。

「理解すること」は、「解決すること」への一番の近道です。
まずは悩みをお聞かせください。

「NSP自立研修スクール」では、お子様の性格・嗜好・考え方・特性などを深く掘り下げ、年齢や性別も踏まえた上で、そのお子様にあった独自のプランをご提案させて頂き、問題の核となる部分の矯正・緩和を目指します。

まずはお電話でのご相談から始める事をお勧め致します。