ひきこもり・家庭内暴力のご相談ならNSPへ

不登校とは

不登校とは、児童生徒が「病気や怪我などの特別な理由」がないのに長期間学校を休んでいる状態を指します。

「NSP自立研修スクール」にも、不登校の子を持つ全国の親御様から日々ご相談が寄せられます。

「どうしたら行けるようになるの?」
「何かあったなら話してほしいのに…」
「無理にでも行かせるべき?」

どの親御様も、我が子のために心を砕き、様々な解決策を試されていますが、残念ながら解決には至らず途方に暮れておられます。

同じ「不登校」でも、その原因は一人一人違います。
どの子にも通用する魔法のような解決策は存在しません。

ただ一つ言えるのは「不登校が始まった時点で、お子様はすでに深く傷つき悩んでいる」ということです。

お子様の「助けて」を見逃さないで!

不登校は、中学一年生から大きく増加します。
進級や進学などで環境が目まぐるしく変わる中、お子様はこれまで経験したことのない様々な壁にぶつかります。
相談できる環境があればいいのですが、そうでないお子様は対処方法が分からず一人で思い詰めてしまいます。

お子様はずっと「助けて」のサインを送っていたはず。 それに周囲が気づいてあげられなかったからこそ、不登校が始まってしまうのです。

時間は過去には戻せません、しかし未来は動かせます。
私たち大人が、子供と同じ目線に立ってみることがスタートです。

不登校の原因

文部科学省の「不登校に関する実態調査」では、不登校の主な理由として以下が挙げられています。
・身体の調子が悪いと感じたり、ぼんやりとした不安があったため
・いやがらせやいじめをする生徒の存在や友人との人間関係のため
・朝起きられないなど、生活リズムが乱れていたため
・勉強についていけなかったため

当事者の悩みの声

当スクールに実際にお寄せいただいた悩みの声をご紹介します。

ご家族の悩み

・行かない理由を聞いても黙りこんでしまう。
・学校に聞いてもいじめがあったわけではなく、原因がわからない。
・家族への暴力がある。
・昨夜は登校すると意気込んでいたのに、翌朝になると布団から出てこない。
・朝は決まって体調が悪いが、午後からは普通にしている。
・親の会などで相談しアドバイスをもらっているが、効果がない。
・育て方や家庭環境が悪いと言われるが、どうしていいか分からない。

ご本人の悩み

・学校に行っても周りと馴染めず、楽しくない。
・自分を理解してくれる人、話を聞いてくれる人がいない。
・朝だけ体調が悪くなる。
・何もやる気が起きず、ただゲームをして過ごすしかない。
・勉強する意味が分からない。将来への希望も持てない。

実際の相談事例(ご相談者様の許可を頂いて掲載しております)

  • 神奈川県在住 50代 男性からの相談
    17歳の息子が、もう半年ほど学校に行かず部屋で閉じこもっています。
    食事は夜中にこっそりと食べているようですが、もう数ヶ月お風呂にも入らず、何があったのか問い詰めても黙ってしまい、家族の誰も話ができない状況です。
    私も家庭を顧みない仕事人間で、妻に子育てを任せきりだったのを反省しておりますが、 この先どうすればいいのでしょうか?息子の将来が心配でなりません。
    対応策
    面談でご両親のお話を伺うと、残念ながらご両親は、お子様からのサインを幾度も見逃してしまっておられました。
    親子の心の距離が離れてしまったままでは、お子様の閉じこもりからの脱却は困難を極めます。
    カウンセリングやレクリエーションを重ね、お子様の心が融解するまでに数ヶ月を要しました。 問題の核となるお子様の悩みをスクール職員と一緒に解決し、自覚を芽生えさせると同時に、ご両親にも対応や接し方を学んでいただき、家族関係を修復することができました。
    取り組みポイント
    お子様の悩み事は傍から見ると些細なことであっても、本人にとっては深刻なものです。
    スクール職員がお子様と同じ目線に立ち、問題解決へ向け一緒に動いたことが、心を開いてくれた重要なポイントであると考えています。
  • 東京都在住 60代 祖母からの相談
    孫の相談です。 中学1年の夏頃から不登校になり、もう2年目となりました。
    父親も母親もお姉ちゃんも見て見ぬふりで、みんなバラバラの状況です。 つい先日、自宅で大暴れした際も、警察を呼ぶだけ呼んで、家族はみな無関心でした。
    このまま家族がバラバラになってしまうのは本当にこわいです。
    対応策
    家族の無関心の是非は別とし、まずは家族と離れて生活することが必要と判断しました。
    「NSP自立研修スクール」の仲間と触れ合う中で、閉ざされた心を開き「なぜ不登校に至ったか」を聞き出すことができました。
    不登校になるちょっと前に、悪い事をしてしまった。 その時は父親にボコボコにされたが、今では自分が悪かったと反省はしている。
    しかし、「不登校になった時もちゃんと叱ってほしかったのに、無関心だったことで捨てられたと感じた」と、涙を流して心境を吐露してくれました。
    取り組みポイント
    カウンセリングプログラムを通じ、「反省」と「なぜ?」に向き合い、本人は答えに辿り着くことができました。
    そう、本人は悪い事は理解しているのに、謝罪の勇気が出なかったのです。
    同じく両親も、自分が怒ったせいで子供が不登校になったと思い、更に接するのが怖くなってしまったのです。
    改善へのポイントは、本人の自覚を芽生えさせるための「環境の提供」と「仲間のサポート」です。

NSPの取り組み

お子様の状況や性格、目標設定は一人一人違うため、必要となる支援も人それぞれです。
NSPでは、お子様一人一人に専用のプログラムを作成。 お子様に最適な配分で各種カリキュラムを取り入れることで、早期の問題解決と最短での復学を可能にしています。

過程

入所から卒業までの流れ

プログラム

プログラム内容はあくまで一例です。実際のプログラムはお子様に合わせ個別に作成します。

プログラム

不登校からお子様を救うには

文部科学省の調査によると、中学3年生の時点で不登校の生徒が5年後に「非就学・非就業」となる割合は18%近くに上ります。
つまり、およそ5人に1人が社会進出につまずいてしまうのです。

このつまずきからお子様を救うには、原因となる心の問題を「早い段階で」「根本的に」改善してあげることが大切です。
たとえ無理やり学校に行かせることができたとしても、問題が改善されなければ、 いつかまた同じところでつまずいてしまうでしょう。
そして何より、お子様はずっと苦しさを抱えたまま生きていかなくてはならないのです。

そうならないためには、不登校を正しく「理解」し、共に歩める大人の存在が重要です。

まずは専門家にご相談ください。

お子様の「助けて」のサインを、ただのサボり、甘えだと見過ごさないでください。
お子様自身にも、親御様にも解決できない問題だと感じたら、すぐに専門家にご相談ください。

私たち「NSP自立研修スクール」は、不登校対応のプロフェッショナルとして、 お子様の良き理解者となり、指導者となって、お子様自身の力で歩いていけるよう導くことをお約束します。

「理解する」ことは、解決への一番の近道です。
まずは悩みをお聞かせください。

「NSP自立研修スクール」では、お子様の性格・嗜好・考え方・特性などを深く掘り下げ、年齢や性別も踏まえた上で、そのお子様にあった独自のプランをご提案し、問題の核となる部分の矯正・緩和を目指します。
まずはお電話でのご相談から始める事をお勧め致します。